育児疲れ,ほうれい線

育児疲れとほうれい線には大きな関係があります。

特に小さな子供を世話している母親にとって、育児疲れは相当なものです。赤ちゃんの世話をしていると24時間いつも気を抜く時間はありません。夜もゆっくり眠ることはできませんから、肌のターンオーバーが乱れます。

また、育児中は精神的にもストレスがたまりますから、ストレスから肌の調子を悪くすることもあります。乾燥するなどで肌の調子が悪くなり、昼夜のない生活で通常のターンオーバーが崩れてくれば、肌はたるみを引き起こしほうれい線を作ります。

旦那さんに老けたね、と言われて初めて自分にできていたほうれい線に気づく人もいます。若いうちはほうれい線ができるわけがない、と思っていると、いつの間にかほうれい線ができて老け顔になっている自分に気づくことになるのです。育児中は忙しくても肌の保湿対策はしっかりしましょう。そして、たまには誰かの助けを借りて体を休め、肌もいたわってください。

 

ターンオーバーの乱れとほうれい線の関係

肌が生まれ変わるターンオーバーが乱れてしまうと、ほうれい線ができやすくなってしまうというトラブルがあります。健康的な人のターンオーバーは、通常28日周期で行われているのですが「加齢、紫外線、睡眠不足、過度なダイエット」などが原因で、ターンオーバーが乱れてしまうことがあります。

ターンオーバーが乱れる(周期が遅くなる)というのは、肌が生まれ変わる速度も遅くなります。再生速度が遅くなると皮膚の乾燥が進み、潤いやハリが失われてしまい、ほうれい線ができやすくなります。このターンオーバーの乱れは、ほうれい線だけでなく「メラニン色素が肌に残りシミ」もできやすくしてしまいます。

 

また、多くの社会人が抱えているストレスもターンオーバーの乱れに影響しているため注意が必要です。ほうれい線ができ始めたと感じたら、ターンオーバーの乱れによる可能性もあるので、生活習慣を整えてリラックスできるような生活を意識してみましょう。

 

ほうれい線には、ラメラエッセンスcがおすすめ!口コミはこちら